スケートボード探偵では、スケートボードについての調査した結果を公開していきます。

未来のスケボーはスゴイ!

スケートボードと聞いて思い浮かぶのは街中でストリートを楽しむ若者といったイメージを持っている人も多いが、実は歴史はローラースケートとあまり変わらない列記としたスポーツなのです。
スケートボードはその協議をおこなう場所や施設などによってスタイルが違うという、テクニックを競うスポーツなのです。

スケートボードの基本は4つのホイールにテールと言われる板が付いた陸でサーフィンをする感覚に近いと思うが、前に進むには自分の足で踏み込み進むしかなかった。

しかし、スケートボードの時代が、未来が変わってきたのです。
某アニメの子供探偵が使う電動スケートボードが現実のものになっていることに驚いた。

この電動スケートボードというのは、最近電動の自転車などが普及したことでスケートボードにも電動駆動を持たせることが出来ないかといった考えで作りだされたものだが、なかには某アニメの主人公に触発されて開発をおこなった人もいるのではないかと不安になったが、開発元は日本ではなくアメリカなどの海外が多いので、安心した。

最近では、日本製の電動スケートボードも発売されるようになってきたが、電動スケートボード以上によく見かけるようになったのが、一般的なスケートボードの大きさである79センチの板をもったものではなく、小型の板で小回りが利くスケートボードが人気が出てきているようです。

だが、スケボーは人間がそのまま生身で板の上に立つスタイルが基本、日本の狭い公道に利用するのは危険ではないかという意見もあり、電動自転車が発売された当初と同じように自動二輪、または自動四輪にして規制するのではないか、そんな電動スケートボードの魅力に惹かれた人から不安の声も出ているのは確かです。






スケートボード探偵がリサーチ